結婚を決意してくれない彼に結婚を具体的に考えさせるポイント3つ

8298457247_f0f811ce81_b

く付き合っているのに、全く結婚を考えてそうにない彼、

そんな彼と一度結婚について真剣に向き合ってみませんか?

 

 

 

 

 

 ◇ 結婚をはっきりさせる

「結婚したらどうなるのか」

男性は結婚に具体的なイメージをあまり持っていません。

なんとなく噂に聞いたことのあるマイナスの

イメージだけを持ってたりするものです。

 

 

 

 

 

もし、大好きな彼があなたとの結婚に

そんなマイナスイメージを持っていて、

結婚を決意しないのなら、とてもショックですよね。

 

 

 

 

 

そんな彼には、結婚のメリットを

しっかり意識してもらうことです。

 

結婚することによって、

仕事の面でそれまで以上に頑張れるようになる、

 

共働きなら家賃・光熱費など負担が減る、

など男性側のメリットも多いことを知ったら、

彼の結婚に対するイメージも変わってくるかもしれません。

 

 

 

 

結婚に対するデメリットな印象を否定する

彼が結婚のデメリットを想像していたとしても、

その内容について「自分たちはそうはならないから、大丈夫」

ハッキリと思わせるのも大切です。

 

 

 

 

 

◇ 子供が欲しいかどうかを突き止める

彼が子供が欲しいと思っているのであれば、

そこをつくのも有効です。

 

彼の年齢を考えて、子供が大学を

卒業するときは自分は何歳になっていて、

 

子供も2人欲しいなら、

何歳までには一人目を作らないと、など

具体的な話をして実は案外時間がない、

ということをアピールしましょう。

 

 

 

 

 

また、女性の出産のリスク、高齢出産のデメリット

などより具体的に時には数字を交えて話すのも効果的です。

男性は女性の妊娠・出産・子育てということを理解していません。(^^;)

 

 

 

 

 

 

結婚が遅くなればなるほど、デメリットが出てくる

ということをアピールし、結婚を先延ばしにすること

そのものをよく考えてもらいましょう。

 

 

 

 

◇ 自分も働くことをアピール

経済的に将来家族を養っていけるのか、

それを不安に結婚に踏み切れない男性も多いです。

 

もし彼がそう思ってそうなら、

いざとなれば2人で家計を支えよう、

という意思を伝えましょう。

 

そうすることで、彼も安心して

意識が変わってくるかもしれません。

 

 

 

 

 

ちなみにマイホームを持ちたいという希望があれば、

これも先ほど話した子供の育児と同じように逆算して、

結婚が遅れ、マイホーム購入も遅くなれば住宅ローンの

返済期間も必然的に短くなったり、または定年後まで

支払いを続ける計画になったりで、

 

 

 

 

月々の負担が大きくなって大変だということも、

結婚を先延ばしにするデメリットとして話して

みるのもありですよね。

 

 

 

 

 

必要であれば、共働きだってするし、

望むなら専業主婦でもするという柔軟性を見せましょう。

 

 

 

 

 

 

◇ まとめ

さて、いかがでしたか?

長く付き合っている彼が結婚に踏み出さない理由、

聞いてみると実は特別に理由がないこともよくあります。

 

なんとなく結婚ってイメージわかない、

とか今のままでいいじゃん、など

女性にとってはなんで?!と思いますよね。

 

 

 

 

 

あなたと結婚するのが嫌というわけではなく、

単に結婚とはなんなのかよくわかっていない、

よくわからないものに手を出したくないと

思っているだけかもしれません。

 

 

 

 

 

男性は何でも理屈で考えてしまいますから。

まずは結婚について、具体的に考えるところから

はじめるのが結婚への近道かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す