モテる女の男性との実戦会話術Ⅱ

たとえば、デートの待ち合わせに

15分遅れた彼に、「どうして遅れたの?」と彼女。

 

 

 

 

これに彼が「いや…仕事が長引いちゃて‥」とポツリと一言。

少し間を置いて彼女が、「そう、で、ゴメンの一言もないわけ」。

この一言でたじろいだ彼は、「わるかったよ。ごめんね」と反省の様子。

 

 

 

 

 

まぁ、よくある光景ですよね。

でも、ここで彼女が「どうして遅れたの?」と聞いたのは、

その理由をちゃんと答えて欲しいからではなく、

 

 

 

15分も待たせたことに対して素直に「ごめんね」と

言ってもらいたかっただけなんですよね。

 

 

 

 

 

もっと言えば、遅れて申し訳なかったという反省の言葉を通して、

彼女は自分の気持ちをすくいあげてくれる

一言が欲しいわけです。

 

 

 

 

 

しかし、男性は一般的に右脳優位で

些細なことは気にしないタイプです。

 

 

 

 

 

女性の複雑な心理に気が付く人なんて

ごく僅かしかいないでしょう。

 

 

 

 

 

ですから、「どうして遅れたの?」と聞かれたら、

男性はストレートに「いや…仕事が長引いちゃて‥」、

と答えてしまうわけです。

 

 

 

 

 

まぁでも、このあたりの男心がわかれば、

ここで彼を攻めるよりも、

 

 

 

 

 

こちらがその特質を理解してあげて、

彼とのスレ違いを避ける方が得策です。

 

 

 

 

 

そうやって、大好きな彼との距離を縮めていくことで、

ふたりの交際も長続きするし

彼とのコミュニケーションも円滑になるはずです。

モテる女はこの辺の男性の心理を理解して上手く使ってます。(^-^)

 

 

 

 

 

仮にあなたの彼とデートで同じような場面に遭遇したら、

頭を下げる彼に向かってこう言ってあげましょう。

 

 

 

 

 

「仕事、忙しかったの?大変ね」

「あまり気にしないで」

 

 

 

 

 

これだけで彼は、あなたの度量の大きさに惚れ直すはずです。

 

 

 

 

 

そうやって、まずはあなたが

相手に対して共感してあげることで、

 

 

 

 

 

あなたも相手の男性から

共感してもらうことができるようになります。

 

 

 

 

 

ただし、そうは言っても女性を弄ぶだけの男性も

世の中にはたくさんいます。

 

 

 

 

 

そこは騙されないように、

目を光らせて注意してくださいね。

 

 

 

 

 

あくまでも、正当な理由で男性が許しを求めている場合には、

それを受け入れてあげる心の広さも必要だと言うことです。

 

 

 

 

 

 

 

⇒次の記事へ「男性がつい告白したくなる会話」

 

 

 

 

コメントを残す