好きな男性を差別化してハートをGETするⅠ

他人と違う接し方は、相手に差別化を意識させます。

「俺のこと好きなのかな?」、

そう相手に思わせることが恋の出発点であり、モテる秘訣です。 

 

 

 

今日は、好きな彼のハートを射止めるための有効な方法を紹介します。^^

 

 

何か、俺だけ特別?‥そう思わせるだけで心は揺れる

友情と恋愛では、決定的な違いがあります。 

 

 

 

まず、友情は多人数の関係です。

お互い気が合い、そこに信頼関係が成立すれば、

誰とでも友達になることができます。

 

 

 

共通の趣味や目的など理由は様々ですが、

お互い励ましあったり、支え合える仲間がいれば、それは立派な友情です。 

反対に恋愛は、一人が一人を特別な存在と認める関係です。

 

 

 

どんなにお互いの気が合い、信頼関係があったとしても、

相手に自分が特別な存在だと映らなければ、そこに恋愛は成立しません。 

 

 

 

これは「モテる女性の秘訣 人として好感を持ってもらう方法の記事で、

「何人かの友達とグループ行動を取ることで、

結果的に恋のチャンスが訪れやすくなる」ということをお話しました。

 

 

 

それは、一人で行動するよりも、数人の友達と行動した方が、

その人脈を通して男性と知り合える可能性が格段に高くなるからです。 

しかし、実はこれは若干まずいこともあります。 

 

 

 

人間は集団で行動していると、

その集団のカラーに染まりやすくなります。 

 

 

 

つまり、友達とグループ行動を取るうちに、

自分の個性が発揮しづらくなり、

その集団の中に埋もれてしまうわけです。

 

 

 

せっかくグループ行動で恋のチャンスを増やそうと思っても、

その集団の中で目立たなければ本末転倒!

男性に自分を意識させることはできません。 

 

 

 

 

 

⇒次の記事「集団に埋もれないためにすること」

 

 

 

 

 

 

コメントを残す