30代女性が年下男性にモテる条件・秘訣とは?

 

6

 

ジェイです。

最近は、梅雨に入って少しジメジメしていますが、

夕方は雨が降ってなければ涼しくて心地良い日もあり、

最近ではサボっていたジョギングもまた始めました。

久しぶりだったせいか、おかげで体中が筋肉痛です。。。。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

さて、街に出てみると、いろいろなカップルを見ます。

20歳前後のとても若い男性と、

脂ののった艶っぽいお姉さまのカップルを

よく見かけるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

明らかに女性の方が年上なので、

女性の方が若い男性を必死につなぎとめて離さない、

と思ったのですが、

 

 

 

 

 

 

なんのなんの驚くことに、年下の男性の方が

お姉さんを熱い眼差しでエスコートしていたんですね。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、自分よりはるかに年下の男性を

夢中にさせる条件・秘訣とは何かをお話します。(^^)

 

 

 

 

 

 

年上の女性に憧れる時期

 

男性は20代で年上の女性に憧れる時期が必ずあります。

それは、

  • 年上の包み込むような優しさ
  • 大人の女性としての余裕

を感じて魅力的に思えるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

もし、あなたが自分よりはるかに年下の男性を好きになった時、

大人の女性の余裕を感じさせることができれば、

年下の彼をGETできる可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

 

では、その大人の女性の余裕とは何でしょうか?

 

1  聞き手に徹する 

2  つかみどころがない 

3  母性に溢れている  

4  経済力ががある 

5  ギャップがある

 

 

 

 

 

 

年下の男性にモテる女性には、

きっとこの大人のモテる女性としての

5つのポイントができているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

1 聞き上手

 

告白される女になる! 30歳からの恋愛テクニック

でも話していますが、

男性にとって、同世代の女の子は、

一方的に自分の話ばかりをする人が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、仕事などで疲れた男性には、

安らげないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、その点、年上女性は年下の男性の様子を見て、

何か変だなと感じたり、元気がなさそうであれば、

「どうしたの?」「何かあったの?」

と聞いてくる女性が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

ここは、とて大きなポイントになりますよ。

日々、職場という戦場で戦っている男性、

特に社会人になってすぐの若い男性にとっては、

そんな女性は、とても癒される存在となり

離れられなくなるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

2 つかみどころがない

 

20代の若い女性は、元気はつらつとして情熱的です。

ですが、時に感情的な一面もあり、ついその場の勢いで

事を言ってしまうなど、そんな激しい喜怒哀楽は、

男性としては疲れてしまうものです。

 

 

 

 

 

 

 

また、そんな喜怒哀楽の繰り返しは、

やがては男性を飽きさせてしまい、

面白みや魅力を感じなくなるものです。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、30歳を過ぎた女性は

それまでの人生経験から、若い女性とは一味違います。

相手に簡単に自分の本心を明かさないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

それでいて相手に決して不快感を与えないで、

なお、まともに取り合わないでいる、

 

 

 

 

 

 

 

んな大人の女性に、年下の男性は、

自分が相手にされていないという

思い通りにならないもどかしさと、

 

 

 

 

 

 

 

どこかしら、何を考えているのかわからない

という不思議な気持ち、未知への興味で、

男性の狩猟本能が駆り立てられ、

 

 

 

 

 

 

 

この女性を何とかしてものにしたい、

何とかして支配したい、

という気持ちになっていくものなんです。

 

 

 

 

 

 

 

こうなると、すでに年下にモテる女性の手中に

まんまとはまっているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

年下男性を上手く不快感を感じさせないでかわすことで、

年下の男性は自分がかわされる不安のドキドキと、

好きのドキドキの境目がだんだんわからなくなってきて、

気が付けばいつも目で追っているんです。

 

 

 

 

 

 

 

◇ 優しさ、癒し、母性に溢れている

彼の気持ちを惹きつける「癒し系彼女」の特徴4つ

でもお話していますが、

男性は生まれながらにしてプライドが高い生き物です。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、自分が認めた仕事のできる女性に、

認められて、優しく癒されることで、

とても安らいだ気持ちになり、

いつの間にかそんな女性に

恋をしているパターンはよくあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、年下の男性にモテる女性は

「○○君のそいうとこ好きだな」

と褒めることで、相手の良い部分を伸ばし、

 

 

 

 

 

 

相手の不得意な弱点については、

「これからももっとここを~してくれたらうれしいな」

と、相手の気分を害さないで、

さりげなくアドバイスしています。

 

 

 

 

 

 

 

こういうことを言ってくれる女性には、

たいていの男性はやる気を引き出され、つい乗せられます。

そして、気づけば相手の女性を好きになっているんですね。

 

 

 

 

 

 

 

年下男性にモテる女性は、

そんな成長過程の彼らを

自分好みに育成・調教してしまいます。

飴とムチを巧みに使っているんですね。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

反対に若い20歳前半までの女性なら、

「何やってるの?!なんで○○してくれないの?」

「付き合ってすぐの頃は、あんなにしてくれたのに!」

となる傾向が強いでしょう。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

こうなると、男性はげんなりしていまし、

彼女に何かしてあげたい、という気持ちは

どんどんなくなっていくでしょう。

 男がメロメロになる魔法の言葉とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

◇ 経済力

 

最近の若い世代の男性は、

プライドは高くても、デート代は男性が出す、

という考えはあまりないようです。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

私の世代以上の男性はデートは男が出すもの、

というのが常識だったのですが、

現代の若い男性は割り勘というのが

常識となりつつあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、経済力のある年上の女性は、

割り勘以上に相手の分まで出してくれる

こともあります。

 

 

 

 

 

 

 

それも、相手が同世代の男性ではなく、

年下の男性なら、許せるのでしょうね。

きっと経済力があるからこその余裕と魅力ですね。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

◇ ギャップ

これは昔から人が恋する瞬間の法則として鉄板です。

普段、しっかりしていて決して隙を見せないで、

落ち着いて余裕を感じさせる年上女性が

 

 

 

 

 

 

 

自分の前だけでは、弱さを見せて甘えてきたり、

少女のように純粋にはしゃいだり、喜んだり、

泣いたりするのを見ると、

 

 

 

 

 

 

 

その意外性でもってほとんどの年下男性は

イチコロでやられてしまうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

◇ まとめ

 

さて、いかがでしょうか?

ここまで、年下男性にモテる女性の条件、秘訣について

お話させていただきましたが、

 

 

 

 

 

 

 

年上の完成されたモテる男性をGETするよりも、

将来性にあふれる才能を秘めた若き男性をGETして、

自分好みに育てるのも、

モテる女性としての醍醐味かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり「恋は焦らず」なんですね。

 

年上の女性は、

きっとそんな余裕が魅力的に感じられるんですね。

じっくりと恋心を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きな男性に告白させたい方はぜひこちらをおすすめします。

 

「もう2度と話しかけないで」とまで

 

言った男性に1ヶ月で告白させたノウハウです。

 

⇒大好きな人に愛されるための恋愛術 REALLOVE

 

 

 

 

 

 

 

 

モテる女になるための法則を詰め込んでいます。

 

⇒1ヶ月で劇的に男性にモテる女になる10のステップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関連記事

 

30歳以上の女性が年下男性にモテるマル秘恋愛テクニック

好きな彼の好意を見逃さないために!男性の分かりにくい”告白”とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す