男心を翻弄する!決定的なツンデレセリフⅡ

 

26918219_480x345

 

 

異性の前で素直になれずに、

敢えてツンツンしたキツい態度を取ってしまう、

でも本心は好きだから、

 

 

 

 

たまにデレっとした好意的な態度も見せる、

そんなツンデレ女子に男性はキュンときて

しまうものです。

 

 

 

 

 

ということで、今回も【前回記事】に引き続き、

強力フレーズを紹介します。

 

 

 

 

 

◇ 一緒に行きたいんだったら、行ってあげなくもないわ。 

これは、別に行きたいわけじゃなく、

そんなつもりは全然ないんだけど、

どうしてもって言うなら、というセリフは、

 

 

 

 

男にとって「俺のこと好きって気持ちを知られたくないんだな。

かわいいやつだ!」と受け止められるわけです。

 

 

 

 

本当は好きだけど、素直に態度や言葉で見せたくない、

だからこそ、敢えてツンデレに振る舞うアナタの

奥ゆかしい本性を感じることでしょう。

 

 

 

 

 

◇ アナタと付き合うようなそんな物好きな人、私くらいしかいないでしょ!

これは上のとは反対なパターンです。

「そんな物好きな人」とツンな言葉でダメ出しをしながら、

「私くらいしか」という言葉で特別に意識をさせることで、

私はアナタの魅力を分かっていることを間接的にに伝える、

 

 

 

 

男性は、この恥じらいを秘めたところを

「かわいい!」と感じます。

 

 

 

 

「こいつが一番俺のことを理解してくれている」 

と満足感を抱き、自分のことを理解してくれている

アナタにいっそう魅力を感じることでしょう。

 

 

 

 

 

男性は基本的に自分が好きな生き物です。

それを理解してくれる女性には好意を抱くものなのです。

 

 

 

 

 

 

◇ 「別にアナタのことを気にしてないし!」

これも、彼のことが好き、という気持ちを

知られたくないがあまりに、本心と違うことを

言ってしまう、というツンデレテクニックの一つです。

 

 

 

 

本当はすごく気にしてて、

心配していたことをわからせる上で、

恥ずかしさのあまりついキツい言葉になってしまう、

 

 

 

 

 

そんなあまのじゃくなアナタの態度に、

「心配したんだよ」と普通に言うよりずっと強く

「俺のこと心配してくれたんだ」と

感じさせることができます。(^ー^)

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか? 

気をつけなければいけないのは、

“ツンデレ”と“タカビー”の違いです。

 

 

 

 

お嬢様系女子に見られる始終高飛車な態度は、

これとは意味が違います。

 

 

 

 

 

くれぐれも言っておきますが、決してタカビーなのではなく、

かわいらしい女心を、あまりにも恥ずかしいがゆえに、

りついキツい態度に出てしまう、と思わせなくてはいけません。

 

 

 

 

 

ツンデレ、ツンだけではダメですよね。

しっかりデレの部分もアピールして、

好きな男性ののハートをがっちりつかんでください!

 

 

 

 

 

☆アナタが、もし好きな男性の気持ちが

手に取るようにわかるようになったらどうしますか?

⇒ 大好きな人に告白させ愛される方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す