男性を本気で怒らせるセリフ

a0001_014487_m

 

男性は、元来、女性よりプライドの高い性質があります。

今後の展開を考えれば、引いた方が明らかに得とわかって

いても、後には引かない場合もあります。(^^;)

 

 

 

 

 

女性からすれば、どうでも良いと感じるような

つまらない意地を大切にするんですね。

でもあなたが、そんな男性を好きになってしまった場合、

ケンカになってしまうのはやっぱり避けたいですよね。

 

 

 

 

今回は、男性が本気で怒る言葉をお話します。

ぜひ参考にして大好きな彼と

幸せな恋人関係を続けてください。(^^)

 

 

 

 

 

◇ セックスが下手

 

受身が大半の女性は男性が思うほど、

男性のセックスのテクニックを重要とは思っていません。

とは言え、

  • 下手
  • もう終わり?
  • 小さい

など、これらの発言は絶対にタブーです。

 

 

 

 

これは、男性は女性よりすごく気にするものです。

ほとんどの男性はセックスを重要視しています。

この場合、基本的に女性は受身になります。

 

 

 

 

なので、男性は自分に主導権があるから、

女性を満足させれるかどうかは、自分次第、

と考えるものなんですね。

 

 

 

 

 

また、もし、男性が自分のセックスの欠点を

自分で言ったとしても、女性側はそれを認めないでください。

女性の返答によっては、また凹んでしまい、

そこからケンカになるかもしれませんから。(^^;)

 

 

 

 

 

 

◇ 前彼は優しかったな

 

  • 「◯◯くんはもっと優しくしてくれたのに」
  • 「こういうとき、◯◯くんならもっと上手くやってくれそう」など、

これも言われるとショックですね。

女性もそうだと思いますが、

特に男性は何でも自分が一番でありたい、

という優越感のようなものを味わいたい生き物です。

 

 

 

 

なので、元彼、彼の友達や先輩、後輩など他の男性と

比べられて、自分の方が劣る、となれば起こります。

そこから2人の関係に亀裂が入ることにもなりかねません。

他の男性と比べる発言はやめましょう。男性の反感を買います。

 

 

 

 

 

 

◇ その女の人みたいな女々しさが嫌い

  • 女々しい
  • ウジウジしてる
  • しつこい
  • もっとサッパリして

女性は男性よりアッサリした潔さがあると思います。

ですが、男性は、女性よりも嫉妬深い上に

プライドも高いです。

 

 

 

 

なので、女性に

「そんなくだらないことで怒ってるの?」

と思われたくないため、直接言えずに別のことに

話をすり替えて文句をタラタラ言ったり、

不機嫌になったりするものです。

 

 

 

 

 

だけど、「どうでも良いことをいつまで気にしてるの?」

などの言葉を言うのは、絶対にNGです。

男性側も、「自分の言ってることがすごくつまらないこと」

「自分がすごく嫌なやつになってる」とわかっています。

 

 

 

 

 

ですが、わかってはいても、女性には指摘されたくないし、

自分の器の小さいことをバレないように行動してるつもりなんです。

そこを女性から指摘されると、

恥ずかしさが怒りに変わってしまうんですね。(^^;)

 

 

 

 

 

 

◇ たいして稼げないくせに

 

今も昔もやっぱり男性は女性より経済力が

なくてはならない、と考えているものです。

 

 

 

 

ですが、未だ不景気の現代では、

安定して稼ぐのは大変なことです。

男性は、将来好きな女性と結婚して

経済面で自分が養っていかなければならない、

と考えて一生懸命頑張っています。

 

 

 

 

 

全く働かない男性なら、

こういうことを言われても仕方ないと思いますが、

 

 

 

 

一生懸命頑張って働いている男性からすれば、

全然働いてない女性から言われたら、もちろん腹が立つけれど、

稼いでいる女性から言われても同等に腹が立つ、

というのが男性というものです。(^^;)

 

 

 

 

 

もはや女性はそこには触れて欲しくない

と思っているものです。

どんな男性も、「たいして稼げないくせに」

と言われるとキレます。

 

 

 

 

さらには、ダメ出しをされ続けることで、

男性側もどんどん力をなくしてしまい、

最後は、本当に稼ぐことができず堕落して

しまうこともありますから、このようなセリフは

付き合っている間はタブーです。

 

 

 

 

 

 

◇ まとめ

 

いかがだったでしょうか?

大好きな彼に対しても、時には腹を立てて、

つい言ってはいけない言葉を言ってしまい、

喧嘩になることもあると思いますが、

 

 

 

 

彼と良好な関係を築くためには、

これらの言葉は絶対に言ってはいけないセリフです。

 

 

 

 

もし使うときがあるとすれば、それは最後の最後、

いよいよもって別れることを覚悟した時などにしましょう。

そうすることで、もしかしたら、

男性側も危機感を感じ目が覚めて、奮起するかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す